被害件数が急上昇!出会い系アプリ詐欺の豆知識や基本情報をご紹介します!

出会い系は男女が出会う場所として一般的になっており、デジタル空間での出会いから恋人になり結婚するケースも少なくありません。
離れている人や普段は出会わない人でも、趣味や共通の話題から盛り上がり仲良くなって実際に出会い、恋を出来ることがメリットになります。
一方で気を付けたいのが近年詐欺が増えていることです。
豆知識として予備知識があれば、不審な行動や言動をチェック出来ますので、相手に危険性を感じたらチェックしてみるのがおすすめになります。

被害件数が急上昇!出会い系アプリ詐欺の豆知識や基本情報をご紹介します!

出会い系の良いところは外面だけではなく、ネット上のやり取りで内面を重視することが出来ることです。
恋愛をするには外面も大切ですが内面も同様であり、趣味や生活の近いパターンなどを事前に知っておけば出会ってからもスムーズに仲良くなることが出来ます。
出会い系では気を付けたいこともあるのです。
近年は暗号資産や仮想通貨などの投資話や、マルチマーケティングを勧誘してくる詐欺も横行しております。
ある程度仲良くなってから勧誘してくるので、怪しいと感じるきっかけがあったら個人情報を教えるのを控えるなどの対策が豆知識です。

出会い系アプリ詐欺の被害を自覚したら迷わずすぐに弁護士や警察に相談しましょう!

出会い系では身分を偽って入会して、他人名義のSIMカードを使い足が付かないようにして詐欺を働く人も極少数ですがいると言われております。
会った時に色々な誉め言葉を言われて高額商品の契約をさせられたり、不利な条件で仕事を無理やり斡旋されて履行しなければ慰謝料を支払うように要求するなどの強引な手口が報告されているのです。
出会い系を使っていて困ったことがあったり、相手に身に覚えのない金銭を要求された場合には警察に相談した方がいいかもしれません。
また暴力を振るわれたり同意のない性行為などの被害があった時には、被害届を出して刑事事件として取り扱ってもらうことが必要になります。
反対に民事事件の範疇では警察は動いてくれません。
被害額が大きい場合などには弁護士に依頼して、金銭や財産を取り戻さなければなりません。
不要な書類にはサインをしないことや、大金を貸さないことなどのセルフディフェンスも必要になります。
おかしな話やうまい話には注意しなくてはいけません。

出会い系アプリ詐欺の相談は弁護士無料相談や法テラスの活用もおすすめです!

出会い系アプリ詐欺にあってしまったら、一人で悩まずに弁護士無料相談や法テラスなどの利用を検討してみてはいかがでしょうか。
出会い系を使ったことを恥ずかしく思ったりしていると、こうした法律相談をするのが何となく気が引けるかもしれません。
しかし、利用するのは恥ずかしいことではありませんしそこで出会って結婚している人も多いです。
中には詐欺を働く人がいるのも事実ですので、被害にあったことを相談するのは当然の権利とも言えます。
法テラスなどの相談は、料金も適正になっていますし初回は無料といった経済的にも優しいのが特徴です。
法律のことは専門家に任せることで、よりスピーディーな解決が見込めますので出会い系のことで困っているなら速やかな相談をお勧めします。
出会い系のトラブルにもいろいろありますが、お金が絡んでいたり実害がある場合にはよりスピーディーな相談が有効です。
初回の30分は無料のところが多いので、まずは相談をおすすめします。

出会い系アプリ詐欺の被害総額と裁判の判例や事例について

出会い系アプリを活用した詐欺事件が多く見られるようになってます。
連日弁護士事務所や法律相談では泣きながら相談に来る人が後を絶ちません。
出会い系アプリでは、結婚詐欺やパパ活、美人局などの事件が多い傾向にあるんです。
その被害総額も多い人では数千万円に上り、非常に社会問題になってるんです。
結婚を焦っている人は、信頼している相手から結婚費用や住まいの頭金を前借したいと言われると、何の疑いも持つことなく数百万円や数千万円を送金してしまうことがあるのです。
裁判でもその被害総額に驚かされるばかりですが、実際裁判を起こして回収できるお金はわずかであったり、返金されず泣き寝入りになることもしばしば見受けられます。
グループ単位の集団で巧妙にターゲットを欺くので、犯人の講座特定や差し押さえも難しく、差し押さえられても他にどこか送金してお金が隠されているケースも多いんです。
こうした日肺に遭わないためには、SNSの情報を100%鵜呑みにしないことが大事です。

外国人による出会い系アプリ詐欺も横行!巧妙化する詐欺の手口について

出会い系にはさまざまな詐欺の手口が横行しており、顔が見えない空間だから相手を信頼させて金銭や情報を不正に取得しようとする人が一定数居ると言われています。
近年では加害者が日本人とは限らずに外国人による犯罪も数多くあり、写真などをモデルの画像などを使って呼び出して複数人で囲んで、不利な契約を結ばせたり暴行などを行うケースも報告されているのです。
中には命の危険性や貞操などを奪われてしまうこともあります。
出会い系を利用する上で大切なことは人の多い所で会い、契約などを持ちかけられたらはっきり断ることです、身体に危害を加えられたら大声を出して助けを呼んで、すぐに警察に被害届を出すことを忘れてはいけません。
警察に事実を話してサイトの運営に報告し、相手の情報を把握しておくことも事件後には重要です。
格安SIMなどによって身分を隠している場合もあるので、より手口は悪質で巧妙化しております。
相手がどんな詐欺を働いているのか、パターンなどを含めて事前にインターネットで事例を調べておくのもいいかもしれません。

著者:滝川藤太郎

筆者プロフィール

大阪府大阪市生まれ。
弁護士として出会い系詐欺に関する問題を数多く解決。
詐欺の注意喚起を目的とした記事を公開しています。
国際ロマンス詐欺の相談窓口について